1 blog

2015年2月12日 木曜日

恵比寿の美容室Bugブログ パーマがむらになってしまう方に

恵比寿の美容室Bug森下です。

えええええっと。
2月14日はバレンタインディですね〜〜。

女子のみなさま!がんばりどころですよ!!wwww

なんと!私もお客様にバレンタインギフトをいただきました!



すごいです!甘いものが苦手な私にハート形のおせんべいです!!!
ありがとうございます!高田様!!!みんなでいただきますね!!


よし!おせんべい食べて、今日もパーマについて少し書いてみましょう。

先日はじめてお越しになった方は、【以前パーマをかけたとき、お顔の周りはしっかりかかっているのに、
後ろはだらんとして、かかっていなかった】、とお話してくださいました。

では、どうしてパーマが場所によってムラになってしまうのでしょう??


【理由その1】
髪の太さや強さが場所によって違うから。

頭のてっぺん、前の部分は女性ホルモン、襟足など下の部分は男性ホルモンが司っています。
そのために襟足の髪は太くてしっかりしているのに、てっぺんの髪はふわふわしていたりします。

そこに、同じお薬を処方したり、同じロッドを使うと、髪の太い部分はお薬の浸透が弱くて、かからなかったりします。

その場合、襟足部分とそれ以外の場所でお薬の放置時間を変える、もしくはお薬そのもののパワーを変える等、
工夫が必要ですね♪


【理由その2】

ホームカラーをご自分でされているから。

今ではホームカラーをお使いの方がとても増えて、このような方はパーマをキレイにかけるのが実はとても難しいのです。

なぜなら、ご自分では気をつけて、全体にお薬をつけているつもりでも、たいがい、お顔のまわりとてっぺんに
たくさんお薬がついていて、
それ以外はおざなりになっているからです。

お薬がたくさんついたところは、たくさんダメージを受けていますが、美容師である私達の肉眼ではその範囲と、ダメージレベルの特定がとてもむずかしいのです。

だからヒアリングをもとに予想をたてて、ダメージ部分には保護剤を使ったり、弱いお薬を処方したりします。

でも、この方法はとても繊細な作業になるので、熟練のわざが必要になってしまいますね、、、。

【理由その3】

ご自分でコテ、アイロンを頻繁に使っているから。

これは理由その2と同じで、ダメージの範囲とレベルの特定が難しい技術になります。

今、市販のコテ何度は220度設定のものもあるくらい、かなり高温で髪をセットします。

髪はたんぱく質なので、高温にあたると!!??そう、ゆで卵とお同じです。

どんどん硬くなってしまいには炭のようになってしまいます。

炭のようになった髪にはもう、ほんとうにむずかしい施術です。お手上げの場合もあるでしょう。
ですので、お顔の周りなど、ご自分でコテを使いやすい場所は傷みがおおきいのでキレイにパーマがかからなくなってしまいます。


ダメージによる髪の様子の違い、元々の髪質の違い、これが、パーマがむらになる大きな原因だと思います。

あ!
ロットを巻くのが下手とか、そういう美容師さんは、おしおきですっっっ!論外ですからね!!www

担当美容師さんとよく相談なさってみてくださいね!
それでも不安なときは是非Bugにご連絡ください!おまちしておりますね!

読んでくださってありがとう!

では!
恵比寿の美容室Bug森下でした!!

投稿者 恵比寿の美容室BUG バグ

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ


大きな地図で見る
〒150-0011
東京都渋谷区東3-15-9
桑原ビル2F

山手線 恵比寿駅
埼京線 恵比寿駅
湘南新宿ライン 恵比寿駅
西口徒歩6分

日比谷線 恵比寿駅
2番出口徒歩6分

都バス 東三丁目停留所
徒歩1分

phone
03-3406-6078
e-mail
bugpon@wonder.ocn.ne.jp
facebook
https://www.facebook.com
/bug.ebisu


■営業時間
土日月11:00~20:00
水木金12:00~21:00
■定休日
月曜不定休
毎週火曜定休